伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

KENTA発言でNOAHに大仁田厚を呼び込んだ!

 29日のNOAH事務所に大仁田厚が矢口壹琅を伴い現れ、西永秀一渉外に田上明社長とKENTAに対し挑発した落とし前として12月9日両国大会に参戦することをアピールして去っていったという。


 きっかけは昨夜放送のSAMURAI TVのバトルメン、KENTAが生出演した際に「刺激的な相手としたい」「中途半端な相手よりは、ぶっとんだ相手と対戦したい」とコメントしたところで、司会のユリオカ超特Qが大仁田の名前を挙げると「それはないですね」と否定、だが大仁田はこれを挑発と受け止めてしまったようだ。


 この一報を聴いたときは故・三沢光晴や仲田龍氏だったら猛反対していたということ、三沢と大仁田は全日本時代には後輩先輩の間柄だったが良好な関係ではなく、二人が健在だったら間違いなく猛反対していた。


 しかし現在は丸藤プロデュース体制のNOAH、KENTAがどう反応を示すか次第だが、KENTAがGOサインを出せば上げざる得ないと思う。


 問題はNOAHは今後大仁田をどう扱ってくるのか、レスラー活動を活発化させた大仁田はリアル・ジャパンでは初代タイガーマスク、ZERO1では曙と多方面にわたって活躍していることから本格的に扱っていくのかどうかはわからない、両国大会のカードを見ても、あくまでGHCのタイトルマッチをメインテーマになることから大仁田を主役として扱うとは思えないが・・・

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。