伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

壮絶打撃戦!永田裕志vsKENTA!!

 昨夜SAMURAI TVでNOAH「グローバルリーグ2012」11月17日愛知大会を視聴、注目の試合は公式戦であるKENTAvs永田裕志、以前に更新したとおり http://iga23.iga-log.com/Entry/113/ 2年前に観戦していたこともあって、自分的にもイチオシのカードだった。


 試合は互いに出方を伺うが先手を仕掛けたのかKENTA、永田をコーナーに押し込んだ際に永田の顔面に張り手を見舞わせると永田もやり返して打撃戦、そしてKENTAが2年前を憶えていたのか永田の顔面にヘッドバットを浴びせ、永田を一気に失速させる。打撃戦に関しては手数や鋭さではKENTAだったが、重さでは体格のある永田の方が上、
 中盤からは打撃戦からプロレスの攻防になるが、仕掛けたのがKENTAの方だったこともあって焦りを感じた、そのせいかKENTAのgo2sleepやGAME OVERも永田にスタミナが残っていたのか封じられてしまい、左右のミドルを放つも打つ手が打撃戦だけとなったところで永田の重いキック一発が炸裂してからのバックドロップホールドで3カウント、壮絶な打撃戦だったが体格差で永田が優った試合だった。

 
 試合後は永田がマイクで「1・2・3ゼア!」で締めくくったが、潮崎豪戦のような余裕ではなく、彷徨っているような感じだったが、永田はKENTAの打撃で記憶を飛ばしていたという、敗れはしたが永田の記憶を飛ばすことでKENTAも意地を見せつけたが、受けきったKENTAの鋭いキックを正面から受けきった永田もさすがだった。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。