伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

オカダと棚橋がフルタイムドロー!内藤が中邑に会心の勝利!

8月10日 新日本プロレス 東京・両国国技館「G1 CLIMAX 23」 8200人(満員)

 

◇第1試合◇
▼30分1本
飯塚高史 ○YOSHI-HASHI (8分04秒 片エビ固め)KUSHIDA Xキャプテン・ニュージャパン


◇第2試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝3敗1不戦勝=10点]○デイビーボーイ・スミスJr. (エビ固め 7分26秒)Xプリンス・デヴィット[4勝4敗=8点]
※ブルドッグボム


◇第3試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[5勝3敗=10点]○カール・アンダーソン(7分00秒 片エビ固め)X高橋裕二郎[4勝4敗=8点]
※ガンスタン


◇第4試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝5敗=6点]○ランス・アーチャー(12分38秒 片エビ固め)X小島聡[3勝5敗=6点]
※ブラックアウト


◇第5試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝4敗=8点]○シェルトン・ベンジャミン(7分35秒 アンクルホールド)X矢野通[3勝5敗=6点]

 


◇第6試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[5勝3敗=10点]○真壁刀義(14分00秒 片エビ固め)X石井智宏[2勝6敗1不戦勝=6点]
※キングコングニードロップ


◇第7試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[5勝3敗=10点]○鈴木みのる(13分37秒 体固め)X飯伏幸太[3勝5敗1不戦勝=8点]
※ゴッチ式パイルドライバー


◇第8試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝4敗=8点]○内藤哲也(14分50秒 エビ固め)X中邑真輔[4勝3敗1不戦勝=10点]
※スターダストプレス


◇第9試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝3敗引き分け=9点]△オカダ・カズチカ(30分時間切れ引き分け)△棚橋弘至[4勝3敗1引き分け=9点]


 「G1 CLIMAX23」も両国2連戦、第2試合ではスミスがデヴィット、第3試合ではアンダーソンが裕二郎を降して10点目を獲得、スミスはファレの介入に苦しめられるも最後は体格と差がモノがいって勝利、アンダーソンも裕二郎のインカレスラムを喰らうも東京ピンプスだけはしっかり喰らわずガンスタンで勝利、デヴィットは脱落、アンダーソンとスミスがトップ戦線に踏みとどまった。


 第6試合では真壁と石井が対戦、両者共同タイプの選手のためか正面からぶつかり合うも、腰を負傷している真壁が押され始める、真壁は仕掛けたパワーボムが腰砕けとなって石井を脳天から落とし、石井のヘッドバットやターンバックルボムなど腰に響く技をもらいながらも意地で耐え抜き、石井の顔面に両腕ハンマーを浴びせてからのキングコングニーで勝利、トップ戦線に残るも腰に大ダメージを負ってしまう。一方の石井は全公式戦を終えたが全体の試合内容を見るとMVP級の活躍だった。

 

 第7試合では鈴木が飯伏と対戦、序盤は飯伏がハードヒットでUスタイルの試合の経験をしているのもあって、敢えて鈴木のフィールドに挑むも、飯伏がスワンダイブの雪崩式フランケンシュタイナーを鈴木がキャッチしてアキレス腱固めで捕獲し、膝十字固めを中心とした足殺しで鈴木のフィールドに引き込んでいく、しかし飯伏はフランケンシュタイナーからの空中戦で掴むと打撃戦に挑む、飯伏のフェニックススプラッシュが自爆すると再び張り手合戦となるが、鈴木が笑えば飯伏も狂気が宿りシバキ合いを展開も、鈴木がスリーパーで絞めあげたあとでのゴッチ式パイルドライバーで勝利、鈴木も10点となるが試合後に握手はせずも「オマエ面白いぞ」と笑みをこぼしたのは鈴木なりの飯伏へのエールでもあり認めたという証でもあった。


 セミの中邑vs内藤はグラウンドの攻防でスタートとなるも、中邑が得意の膝蹴りで先手、しかし内藤も中邑の得意のパターンに持ち込ませず、ボマイエも再三かわすなどペースを狂わせにかかる、内藤は復帰後初のレポルシオンを繰り出し、最初のスターダストプレスを自爆するも、自身の掴んだペースをしっかり保って、これも復帰後初のグロリアからのスターダストプレスで勝利、内藤は自分のプロレスが出来ずにもがいていたが、今日の中邑戦は全てを出し切った会心の勝利、内藤もトップ戦線に残るも、中邑は鈴木やアンダーソンも勝ったことで苦しい展開となった。


 メインの棚橋vsオカダは今までの試合でも長期戦が多かったことから30分以内でケリをつけられるかがポイントだった、序盤はオカダが首、棚橋は右腕を狙うも途中から棚橋は両膝へのハイフライフローから足殺しに転じ、オカダの膝をストンピングで何度も踏みつけるなど、今までにない厳しい試合を見せ、オカダも膝を痛め一気に失速する。終盤には棚橋がグラウンド式ドラゴンスクリューからのテキサスクローバーホールド、オカダも痛い足を引きずりながらツームストーンパイルドライバーからのレインメーカーで追い詰めるが、かわした棚橋が掟破りのレインメーカーを繰り出すも、新パターンであるスタイルズクラッシュからのハイフライフローは剣山で迎撃されてしまう、残り時間も僅かとなりオカダは再度レインメーカーを繰り出すも棚橋がかわしたところで30分フルタイムの引き分け、棚橋はオカダを追い詰めたもののオカダには勝てず、30分ではやはり足りなかったが内容的には濃い試合だった。


 明日はいよいよ最終戦、Aは柴田、真壁、棚橋、オカダ、スミスに絞られたが、スミスはやりづらいアーチャーが相手、真壁は腰の具合が最悪、オカダも足を負傷で棚橋と柴田のどちらかになるか?Bは鈴木、アンダーソン、中邑、内藤、永田、ベンジャミンとなったが、中邑は今日の敗戦は大きすぎた、鈴木は矢野、永田は裕二郎と落とし穴的存在を残したが、内藤にようやく勢いが出てきたのを考えると内藤vsアンダーソンの直接対決で決まるか?


 明日の優勝戦は楽しみ、みなさんもG1最終戦じっくり楽しみましょう!

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ