忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

元横綱、元レスラーの輪島大士さんが咽頭ガンの手術を受け声を失っていた・・・

(デイリースポーツより)
 元横綱の輪島大士さん(66)が昨年12月に咽頭がんの切除手術を受け、声を失っていた。夫人(43)が16日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に応えて明らかにした。

  がんが見つかったのは昨年秋、下咽頭がんだった。「手術を受けなければダメでした」と夫人。12月に切除手術を受け、成功したものの、あの独特の声は失った。

  4カ月に及ぶ入院生活のあと退院し、今は自宅療養を続けているが、経過は順調だという。

  「食事も普通。食欲がないということもありません。20年は大丈夫だと医者も言ってます」と手術は大成功だったが、声のない生活は…。

  「家族の間では口の動きで察しています」と、コミュニケーションは家族愛に支えられているようだ。

  本人も活動的で、友人とはメールでやり取りし、約束して食事に出掛けることも。ほぼ毎日、ウオーキングし、買い物に行くこともあるという。


 輪島さんが咽頭ガンの切除手術を受け、声を失っていたことが報じられた。輪島さんは元横綱だが、全日本プロレスで活躍していたプロレスラーだった時期があり、最近はGスピリッツでのインタビューに答えるようになってからレスラー時代のことを振り返るようになっていた。


咽頭ガンで思い出したのは2009年12月になくなり輪島と同じ全日本プロレスで活躍していた“ドクターデス”スティーブ・ウイリアムス、ウイリアムスもK-1の試合でアレクセイ・イグナショフとのMMAマッチに臨む当日直前にガンが発覚、声帯を全摘出する手術をした、声は発声用の機会を埋め込んでいたため音声による会話は可能だったものの咽頭ガンは再発してしまい、そのまま49歳の若さで亡くなった・・・


輪島さんも声を失ったが経過は良好ということで日常を暮らしている、輪島さんもいつまでも元気で暮らして欲しい。


話が遅くなったが「私の何がイケないの?SP」でスタン・ハンセン夫人であるユミ・ハンセンさんが特集されたが、ハンセンの左肩に埋めてある人工関節の手術痕を見てショックを受けた、ハンセンは口には出さなかったがおそらくだが必殺技であるウエスタンラリアットでの代償、腕だけでなく肩にも相当な衝撃があったのではと思う。それでもハンセンはユミ夫人と幸せそうに暮らしているのだから安心しているのだが、ハンセンの左肩の手術痕を思い出すと今でもショックを感じてしまう、技はいくら鍛えていても衝撃が体に残る諸刃の剣でもある・・・・

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ