忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

SUGIが明かしたNOSAWA、イオの大麻騒動の真実(追記あり)


 NOSAWA論外と紫雷イオの大麻騒動で、現在AAAで活躍しているSUGIこと杉卓也が会見を開き、真実を明かした。

「あの一件は、私とAAA日本代表の林(雅弘)さんという方とで、共謀して起こした事件であります。いち個人的に思うところもあり、NOSAWAさんに迷惑をかけてやろうと林さんに相談したところ、どうすればいいのか指南を受けました」
「林さんから絵の中に大麻を入れて持たせれば、どこかで捕まるだろうと助言をいただきました」


 大麻に関しては林氏が入手し、絵を描いている人の名刺を渡し、ファンフェスタの会場で絵を受け取ったところまでは確認していたが、しかしNOSAWA一人をハメれば良かったはずが、まさか紫雷イオまで巻き込むことは想定していなかったという。


 自分の感想といえば、NOSAWAとSUGIまた林氏の間で何があったのかはわからない、悪戯か仕返しのつもりでやったと思うが結果的には大騒動に発展し周りに迷惑をかけてしまった。SUGIが「浅はかだった」とコメントしていたとおり、浅はかだったし、大騒動になって謝罪会見をやるぐらいだったら最初からこういった企てをやるなということだと思う。

 SUGIはこれに伴い暫くの間は活動は自粛、8月に参戦予定だったみちのくプロレスの「覆面ワールドリーグ」もキャンセルの可能性も高いという、しかし“共犯”とされる林氏が連絡が取れず姿を見せていないのも納得できない部分でもある


(追記) AAAの日本代表でソルナ代表でもある林雅弘氏が見解を発表した。(週プロモバイルより)


 「NOSAWA論外、紫雷イオの大麻騒動で謝罪会見を開いたSUGIに関して、共謀したとされる林雅弘氏が声明文を発表し「私・個人の名誉のために、どうしても伝えたく思います、本日行われた杉卓也氏(SUGI)の会見において、内容が数点、事実と異なっており、困惑しております・


 NOSAWA選手と杉氏の2人の間で、プライベートでの傷害や金銭賃借に起こっていたトラブルによる、今回の件が起きてしまいました。私の立場で可能な限り、双方2人の関係を修復しようと試みましたが、NOSAWA選手の先輩の立場としてアプローチに応えることもなく、杉氏の中でNOSAWA選手への思いは止めることのできない憎悪となっていく一方でした、事実、今回以上の内容も試みようとするまで発展していたほどで、それらのことは、私が杉氏を説得し止めることが出来ましたが、今回の件が止めることが、私の力で出来なかったことを深く反省しています。今回、警察や税関まで巻き込むことになった事件に関して、NOSAWA選手、イオ選手ならびに関係者の方々、そして両選手を応援された方々には、報告が遅くなったことを深くお詫びしたいと思います。


 (SUGIが)謝罪の決心が着いたので、昨日に帰国することは聞いておりましたが、本日の会見を行うことはAAAとして正式に聞いていませんでした。現地時間7日付けで、SUGI選手とAAA専属契約は解除になっており、再契約などの予定も一切ございません。私個人の名誉のために申し上げることは、私自身が詳細を知ったのは、NOSAWA選手、イオ選手がメキシコ空港を発ってから成田空港に到着するまでの間に杉氏より国際電話にて聞いた次第です。大麻の入手ルートに関しても、私の知人からと記載されておりますが。実際には別の日本人選手がメキシコへ渡航した際に、大麻を買えないか?と杉氏に相談し、入手する際に知り合ったメキシコ人と聞いておりますが、私自身も本当のところはわからない状態です。昨日杉氏の携帯電話へコンタクトしていましたが、着信拒否で話せておりません。今までAAAの日本エージェントの立場を超えてまで、彼を応援しておりましたが、現在はとても残念な気持ちでいっぱいです。(略)私から言えることがNOSAWA選手、イオ選手は無実です。」


 AAA JAPANエージェント 林雅弘


 要点を述べると
①NOSAWAとSUGIの間に金銭の貸し借りや傷害などでトラブルが発生し、憎悪にいたるまで関係が悪化していたこと
②林氏は二人の関係修復に動いていたこと
③SUGIはAAAから契約解除になっていること
④大麻を入手したのは林氏ではないこと、
⑤SUGIが林氏と連絡が取れないとされているが、SUGIの方から一方的に連絡を絶っていること


 気になるのは仲裁者である林氏がNOSAWAとSUGIに対してどういう話し合いをしていたのか、またSUGIの方に林氏の間にも何かあったのか?林氏が反論したことにより、まだ尾が引きそうだし、NOSAWAとイオが潔白と証明されても、人間関係の複雑さが浮かび上がってしまった。


 

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ